ネオキシテープの副作用にご用心!効果&作用メカニズム

 

目次

 

ネオキシテープの特徴

ネオキシテープの最大の特徴は、名前にある通り、テープ剤(貼り薬)であることです。
湿布と同じような感覚で、皮膚に貼って使用します。

 

ネオキシテープと有効成分が同じ錠剤タイプのお薬で、ポラキスというものがあるのですが、ポラキスでは口渇(口やのどが渇く)などといった副作用が頻発していました。
テープ剤であるネオキシテープでは、そのような副作用が軽減したという報告があり、患者さんに優しい医薬品として注目されています。


ネオキシテープの成分

一般名はオキシブチニン塩酸塩です。
ポラキスという先発品の医薬品と有効成分は同じです。
テープ状のオキシブチニン塩酸塩はネオキシテープのみであり、ジェネリック医薬品はありません。

 

作用メカニズム

膀胱の緊張をゆるめて膀胱をしなやかに大きくし、尿を溜める量を増やすことで、頻尿や尿失禁を抑えます。

 

ネオキシテープの効果

過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁

 

使用方法(貼り方)

通常、成人に対し本剤1日1回、1枚(オキシブチニン塩酸塩として73.5mg)を下腹部、腰部、または大腿部のいずれかに貼り、24時間毎に貼り替えます。
ネオキシテープを貼ることで皮膚が刺激され、貼った場所の皮膚が赤くなる・かぶれるなどの症状が出ることがあります。
それを避けるため、貼る場所は毎回変えましょう。

 

ネオキシテープの副作用

最も多く報告されているのは、皮膚の症状です。
貼った場所が赤くなったり痒くなったりかぶれたりする人が多いようです。
貼る場所を毎回変えることである程度避けることができる副作用ですので、貼る場所に毎回注意しましょう。
皮膚症状がひどいときは皮膚科に相談してください。塗り薬で対処できることがあります。

 

その他の副作用としてよくあるものでは、口内乾燥、便秘、尿が出にくい、尿が残る感じ、眠気、めまい、頭痛、かすんで見える、まぶしい、動悸、不整脈、言葉が出にくい、物忘れ、ボーッとする、といった症状が報告されています。
また、非常にまれではありますが、重篤な副作用として麻痺性イレウス、尿閉、血小板減少が報告されていますので、初期症状に注意してください。

 

ネオキシテープのその他の注意事項

他のお薬との併用に注意してください。
どのお薬でも同じことですが、飲み合わせが悪いお薬があります。
一緒に飲むと、効果が出すぎて副作用が出やすくなったり、効果が弱まって効かなくなったりすることがあります。

 

ネオキシテープは飲み薬ではないので、うっかりほかに「飲んでいる薬」は無い、と言ってしまいがちですが、他の病気で病院にかかる際は必ずネオキシテープを使用していることを伝えましょう。
特にネオキシテープは風邪薬に入っている成分と相互作用を起こすことがありますので、ドラッグストアなどで風邪薬を購入する際も必ず薬剤師に相談してください。

 

関連ページ

ジェントスルーコーワ細粒の副作用に注意!効果・作用メカニズム
排尿困難・頻尿・夜間頻尿で悩んでいる方のためのお薬、ジェントスルーコーワ細粒。ですが、どんな副作用が現れるのか確認しておくことが重要です。
レディガードコーワの効果と副作用※注意事項が多いので要注意
現役薬剤師がレディガードコーワの効果と副作用などについて説明します。レディガードコーワは注意事項が多い薬ですので要注意です。
現役薬剤師がハルンケアの効果・副作用・成分を徹底分析!
現役の薬剤師がハルンケアの成分、効き目、副作用、作用メカニズムについて詳しく説明します。
確認しておいたほうがいいベルアベトンの副作用※効果も分析
頻尿や軽い尿漏れがある方はベルアベトンを試してみる価値があります。生薬配合のお薬ですが、副作用にも注意しておきましょう。
ベサコリンの副作用に要注意!効果・作用機序も要確認!
ベサコリンの副作用その他の注意事項を確認しておきましょう。効果、成分、作用メカニズムも合わせて確認!
ユリナールは効果なし?現役薬剤師が成分から副作用も分析!
生薬であるユリナールに副作用はないのか?成分は?本当に効果はあるの?などを現役薬剤師が分析します。
クラシエ八味地黄丸Aの副作用と効果、成分と特徴を分析!
現役薬剤師がクラシエ八味地黄丸Aの副作用と効果、成分と特徴を分析します。
ワゴスチグミンの効果と副作用、作用メカニズムを徹底分析!
ワゴスチグミンの成分と特徴、効果と作用機序、副作用その他の注意事項について現役薬剤師が説明します。
バップフォーの効果と副作用を知らないでは済まされない!
現役薬剤師がバップフォーの効果と副作用、成分と作用メカニズムについて説明します。
ウブレチドの副作用には要注意!効果&作用メカニズム
ウブレチド錠は「コリン作動性クリーゼ」という重い副作用に注意しなければなりません。効果と作用メカニズムも合わせて言及します。

このページの先頭へ戻る