バップフォーの効果と副作用

目次

バップフォーの成分と特徴

バップフォーは膀胱の収縮を抑える働きがあります。
膀胱が勝手に収縮し、トイレが近くなってしまう「過活動膀胱」もともなう頻尿や尿意切迫感に効果があります。
バップフォーには錠剤タイプと顆粒タイプがあり、いずれも病院にかかってから処方される医療用医薬品です。
ドラッグストアなどでは手に入りません。

 

成分

一般名はプロピベリン塩酸塩です。ジェネリック医薬品もたくさん発売されています。

 

バップフォーの効果と作用メカニズム

作用メカニズム

膀胱の収縮に関わるアセチルコリンという生体内物質に対抗し、膀胱の収縮を抑えます。
また、筋肉の収縮を直接抑え、膀胱の収縮を抑えます。
膀胱の収縮が抑えられることで、膀胱が膨らみやすくなり、尿をたくさん溜められるようになります。

 

効果

神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態(慢性膀胱炎、慢性前立腺炎)における頻尿、尿失禁
過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁

 

服用方法(飲み方)
通常、成人はプロピベリン塩酸塩として20mgを1日1回食後に服用します。
年齢、症状により適宜増減されますが、効果不十分の場合は、20mgを1日2回まで増量できます。

 

バップフォーの副作用その他の注意事項

副作用

口の渇き、便秘、腹痛、吐き気、食欲不振、下痢、めまい、眠気、頭痛、物がかすんで見える、動悸、不整脈、発疹、かゆみ、認知障害(言葉が出にくい、物忘れ、ボーッとする)などが報告されています。
重い副作用としては緑内障、腎障害、幻覚などが報告されています。

 

その他の注意事項

持病があったりアレルギーがあったりする方は服用前に医師にお伝えください。
尿が出ない場合(尿閉)、腸閉塞、消化管運動が低下している状態(胃アトニー)、重症筋無力症のある人などは症状が悪くなる恐れがあるため、使用が禁止されています。
緑内障、前立腺肥大、心臓病、潰瘍性大腸炎、甲状腺機能亢進症のある人は、病状の悪化に注意しつつ慎重に用いるようにします。

 

ある種の風邪薬などにはバップフォーと似た働きをする薬物が入っていることがあります。
合わせて飲んだ場合にお互いの作用を増強してしまい、副作用が発現する可能性が高くなる恐れがありますので、他の薬を飲む場合には(風邪薬に限らず)医師と相談するようにしてください。

 

バップフォーを飲んだときに、口の中が乾燥することがあります。
気になるときは、口をゆすぐか氷をなめるとよいでしょう。
アメをなめたりガムをかんだりするのも口渇には効果があります。

 

また、物がぼやけて見えたり、眠気やめまいを起こすことがあります。
車の運転など危険をともなう機械の操作は避けてください。

 

関連ページ

ジェントスルーコーワ細粒の副作用に注意!効果・作用メカニズム
排尿困難・頻尿・夜間頻尿で悩んでいる方のためのお薬、ジェントスルーコーワ細粒。ですが、どんな副作用が現れるのか確認しておくことが重要です。
レディガードコーワの効果と副作用※注意事項が多いので要注意
現役薬剤師がレディガードコーワの効果と副作用などについて説明します。レディガードコーワは注意事項が多い薬ですので要注意です。
現役薬剤師がハルンケアの効果・副作用・成分を徹底分析!
現役の薬剤師がハルンケアの成分、効き目、副作用、作用メカニズムについて詳しく説明します。
確認しておいたほうがいいベルアベトンの副作用※効果も分析
頻尿や軽い尿漏れがある方はベルアベトンを試してみる価値があります。生薬配合のお薬ですが、副作用にも注意しておきましょう。
ベサコリンの副作用に要注意!効果・作用機序も要確認!
ベサコリンの副作用その他の注意事項を確認しておきましょう。効果、成分、作用メカニズムも合わせて確認!
ユリナールは効果なし?現役薬剤師が成分から副作用も分析!
生薬であるユリナールに副作用はないのか?成分は?本当に効果はあるの?などを現役薬剤師が分析します。
クラシエ八味地黄丸Aの副作用と効果、成分と特徴を分析!
現役薬剤師がクラシエ八味地黄丸Aの副作用と効果、成分と特徴を分析します。
ワゴスチグミンの効果と副作用、作用メカニズムを徹底分析!
ワゴスチグミンの成分と特徴、効果と作用機序、副作用その他の注意事項について現役薬剤師が説明します。
ウブレチドの副作用には要注意!効果&作用メカニズム
ウブレチド錠は「コリン作動性クリーゼ」という重い副作用に注意しなければなりません。効果と作用メカニズムも合わせて言及します。

このページの先頭へ戻る