前立腺がんになりやすい人とは?

 

前立腺は男性にだけある臓器で生殖器の一つとされています。
前立腺はガン化するかどうかに関係なく前立腺肥大症という症状を起こすことがあり、
これが頻尿など尿トラブルを起こす原因となり多くの男性の悩みの種になっています。

 

ただの肥大であれば命の危険はありませんが、
これがガン化して肥大する場合もあるので、この場合は命の危険が生じることになります。

 

現在のところ前立腺がガン化する原因ははっきりとは解明されていないものの、
加齢や遺伝、生活習慣などが関係することが分かっています。
特に関係が濃厚な順に見ていきましょう。

 

 

前立腺がんとの関係が深いものは?

加齢によるホルモンバランスの変化

前立腺肥大症もそうですが、ガン化してしまう危険も年齢が増すにしたがって増大します。
一般的には45歳以下ではまず前立腺がんの危険はないと考えられていますが、
50歳を過ぎたあたりからリスクが高まるので一年に一度の健診が推奨されています。

 

他のガンに比べて特に前立腺がんのリスクが高くなるのが60歳以降で、
罹患率は2番目に多くなり、60代の後半からはなんと罹患率が1番高いガンとなります。
加齢が前立腺がんの件数を増やすのには体内のホルモンが関係していることが強く疑われています。

 

男性では高齢になるにつれて女性ホルモンの分泌量が極端に減り、
男性ホルモンの影響力が増しホルモンバランスが崩れることが大きな要因になっているのではないかといわれています。

 

遺伝

もう一つの要因が遺伝です。
こちらもはっきりとしたメカニズムが分かっているわけではありませんが、
経験則として家族に前立腺がんの経験者がいる場合は発症リスクが高まることが知られています。

 

通常は45歳以下の方は前立腺がんのリスクは低いので健診は不要とされていますが、
家族に前立腺がんの既往歴がある人はリスクが上がるために若いうちから健診を受けるのが望ましいとされています。

 

生活習慣

生活習慣起因の要因としては、他のガンのリスクも上げる喫煙習慣がまず挙げられます。
他にも高脂肪食や運動不足・肥満がリスクを高めます。

 

国別にみるとアジアは欧米に比べて前立腺がんが少ないとされていることから
高カロリー、高脂肪の欧米食が前立腺がんにつながりやすいのではないかといわれています。

 

加齢によるリスクの増大は致し方ないものとして、ガンも生活習慣病の一つと考えると
食事や運動を含めた健康管理がリスクを低減させてくれます。

前立腺肥大をほうっておくと癌にならない?

 

前立腺がんは男性だけが患う病気です。
男性特有の前立腺という臓器にガンが発生する病ですが、
芸能人の間寛平さんも世界を走り回るアースマラソン中にり患して話題になりましたね。

 

前立腺の疾病としては他に前立腺肥大症も有名ですが、
こちらも中高年の男性の多くが症状の多寡の違いはあれど発症するといわれています。

 

ガンともなれば前立腺だけの話ではなくなり転移などを起こして最終的には死に至る恐ろしい病ですが、
前立腺が肥大しただけでは命までは取られることはまずありません。

 

なんとなくのイメージですが前立腺肥大症を放置することで前立腺がんに移行してしまうと考えている人が多いと思いますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

 

今回は前立腺肥大症と前立腺がんの関係について見ていきましょう。

 

前立腺肥大症と前立腺がんは全く別物

 

この二つの病気は双方に因果関係は無く、
前立腺肥大症がおきたからといって前立腺がんになりやすいわけではありません。
肥大を放置したことを理由にそれがガン化しやすくなるということもありません。

 

ガンというのは細胞のDNA配列に異常が生じて起きるものですが、つまりは細胞がガン化することです。
心臓でも高血圧などが原因で心臓の筋肉が厚くなる心肥大という症状がありますが、
だからといってこれを放置することでガン化が促進されるわけではありません。

 

同じように前立腺の肥大を放っておいたからといってガン化が促進されるわけではないのです。

 

がんの併発はあり得る

前立腺のガンと肥大は無関係で起きるものですが、併発ということは起こり得ます。

 

実際、前立腺肥大症の検査を受けてガンが見つかるケースは少なくありません。
第一段階の検査でPSA検査という血液を受け、必要性に応じて第二、第三段階の検査に進みますが、
その過程でただの前立腺肥大症なのか、ガンの可能性があるのかを鑑別します。

 

肥大とガンが両方見つかった場合はがんの治療を優先しながらも、
肥大による尿トラブルがある場合はこちらも同時に治療します。

 

また、肥大とガン化は因果関係は無いと説明しましたが、
肥大した前立腺の細胞が将来にわたって絶対にガン化しないという保障があるわけでもありません。
従って肥大した前立腺の組織細胞がガン化する可能性はなお残ります。

 

しかしそれは放置したからガン化の可能性を高めるということはでなく、
他の細胞がガン化する可能性・確立と同じであるということです。

 

関連ページ

オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすい?
オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすいのか?それともなりにくいのか?順番に考えていきます。
精力絶倫家ほど前立腺に異常を来たす?それともなにりくい?
前立腺肥大、前立腺がん等の病気には、精力絶倫家の方が罹患しやすいのか?このような疑問や不安を持つ方って多いです。研究発表によると・・・
前立腺が肥大する原因とその症状&自己チェックリスト【重要】
前立腺が肥大する原因とその症状、前立腺肥大症の自己チェックができるリストをご紹介します。
前立腺肥大症の治療法※薬物療法・手術療法か&藥の副作用
前立腺肥大症の治療は大きく分けて薬物療法と手術療法に分けられます。前立腺肥大症の治療薬の副作用についても説明します。
前立腺炎の症状と治療法※こんな人は要注意!
前立腺がなんらかの原因により炎症を起こした状態を前立腺炎といいます。原因、症状、治療法について説明します。
尿切れの悪い人必見!排尿後尿滴下の原因と対策
今回は「チョイもれ」などとも呼ばれる排尿後尿滴下の症状について原因と対策を見ていきます。
今すぐチェック!前立腺がんの初期症状とは
前立腺がんの場合かなり進行した段階で症状に気づくことになり、病院の受診が遅れがちになることがあるので、自覚症状には気をつける必要があります。
アスタキサンチンが前立腺肥大症の改善に役立つ!その理由は?
アメリカの研究機関で行われた実験で、ノコギリヤシとアスタキサンチンを同時に成人男子に与えて男性ホルモンの変化を調べた結果、すべての被験者において改善したというのです。
※警告!オメガ3は前立腺がんのリスクを高める!
健康によいとされているオメガ3ですが、オメガ3の血液中の濃度が高い人程、前立腺がんを発症するリスクが高いという研究結果をアメリカのがん協会が発表しました。
前立腺肥大症を予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺肥大症を予防改善するための食品や成分、サプリメントをまとめてみました。
前立腺がんを予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺がんを予防する食事、食品、サプリメントについてまとめてみました。最新の前立腺がん予防情報もお伝えします。
どれを選択すべきか?前立腺がんの4つの治療法※比較して決めよう
前立腺がんの治療方法は手術療法、放射線療法、薬物療法、待機療法の4つに大別されます。治療の選択は、PSA値、腫瘍の悪性度、リスク分類、年齢、患者の意思や考え、ライフスタイルに基づき決定されます。
前立腺肥大症の日常生活での7つの注意事項
前立腺肥大症になると、治療だけではなく、日常生活の注意点を守ることにより症状の改善が見られると言われています。
ここまで来た!最新の前立腺がんの治療法と検査方法
どのような治療方法を選択するかはそのガンの進行度合いと悪性度をみて判断されます。まずは最新の前立腺がんの治療法の種類を見てみましょう。
今すぐ確認!前立腺肥大症の段階的症状と日常で出来る対策
前立腺肥大症の段階的な症状の説明と、前立腺肥大症になってしまった場合の日常で出来る対策について綴ります。
アルコールは前立腺肥大症の大敵!風邪薬と便秘にも要注意!
特にお酒が好きな人は要注意!前立腺肥大とアルコールの関係について解説します。また、風邪薬と便秘にも気をつけなければいけません。合わせて説明します。
男性・女性の尿漏れの原因と対策!効果的な成分・サプリ
男性の尿もれ、女性の尿もれの原因とその対策、効果的な成分とサプリメントをご紹介します。

このページの先頭へ戻る