前立腺肥大症を予防する食べ物&サプリメントまとめ

 

前立腺肥大症とは

加齢に伴って前立腺が大きくなるのが前立腺肥大症です。
前立腺肥大症は良性の病気で、50歳以降の男性に起こりやすくなります。

 

前立腺肥大症の症状として頻尿、尿漏れ、排尿困難などの尿のトラブルがあります。
前立腺肥大症でも、特に治療を必要としないケースも多く見られます。
前立腺肥大症の原因はまだ解明されていない部分が多いのですが、男性ホルモンが発症に関与していることは確認されています。

 

前立腺肥大症と前立腺がんは違う病気で、前立腺肥大症が前立腺がんになることはありません。
しかし、この二つの病気が同時に起きる場合もありますので、症状が気になる方は医療機関の受診をおすすめします。

 

前立腺肥大症を予防する食べ物とサプリメント

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは北米で自生する背の低いヤシ科の植物です。
ギザギザしている葉がノコギリのように見えるところからノコギリヤシと命名されました。
ノコギリヤシは、北米インディアンが古くから男性の滋養強壮、利尿促進効果薬として利用してきました。
ヨーロッパでは、ノコギリヤシのエキスは前立腺肥大症用の医薬品として販売されています。

 

前立腺肥大は、前立腺にある 5−α−リダクターゼという酵素が、男性ホルモンのテストステロンを、前立腺肥大を起こさせるディハイドロテストステロンというホルモンに変えてしまうことにより発症すると考えられています。
ノコギリヤシの実の抽出液には遊離脂肪酸が豊富に含まれ、この5−α−リダクターゼ酵素の働きを抑える効果があります。
ノコギリヤシは、前立腺肥大症の排尿トラブルを緩和する働きも認められています。

 

ノコギリヤシは天然成分で副作用は少ないですが、大量に摂取すると便秘や下痢、吐き気などの症状が出ることもあります。

 

ノコギリヤシは、前立腺肥大症であることを医療機関で確認してから服用することが大切です。
排尿のトラブルは、前立腺肥大症だけではなく膀胱炎である場合もあり、自己判断での服用は、かえって病気を悪化させる危険性があります。

 

亜鉛

亜鉛は男性ホルモンの代謝に必要とされるミネラルで、前立腺に最も多く存在しています。
しかし前立腺肥大症になると、体内の亜鉛は正常時の10%程度の量に減少してしまいます。

 

亜鉛の不足は前立腺肥大に繋がります。
亜鉛は、牡蠣、レバー、うなぎ、チーズ、卵黄、そばなどに多く含まれています。
食品からの亜鉛の摂取は問題がありませんが、サプリメントによる長期過剰摂取は、
嘔吐、下痢、発熱、神経障害、肝臓障害などの中毒症状を招く恐れがありますので注意しましょう。

 

西洋イラクサ(ネトル)の根

イラクサは多年生植物の総称で、日本で自生するイラクサと、
ヨーロッパや北米の西洋イラクサも合わせてイラクサと呼ばれています。
西洋イラクサにはヒスタミンを含む棘があります。
西洋イラクサを乾燥させてハーブティーとして飲むと利尿作用があるので、
ヨーロッパでは民間療法の薬として重宝されています。

 

西洋イラクサの根には、前立腺肥大症の予防改善効果のあるアロマターゼという物質が含まれています。アロマターゼは、男性ホルモンバランスを整える働きがあり、前立腺肥大を抑える効果があります。

 

エピロビウム

エピロビウムはアカバナ科の植物で、オーストリアの植物学者の研究により、
その効能が広く知れ渡るようになりましたが、
実は古くからヨーロッパでは健康を促進するハーブとして民間療法などで使われてきました。

 

エピロビウムは抗炎症効果と抗感染作用に優れた植物で、排尿を促進し、尿漏れを軽減する働きがあります。
エピロビウムは、前立腺肥大を起こさせるホルモン、ディハイドロテストステロンを阻止するのに優れた力を発揮します。

 

イソサミジン(長命草)

イソサミジン(長命草)は、沖縄や鹿児島の比較的温かい地域の海岸沿いに多く見られる多年草の一種です。
イソサミジンは、古くから民間療法の薬草として重宝されてきました。
イソサミジンはビタミン、ミネラル、カロテン、ポリフェノールを含み、
抗酸化作用、利尿作用があり、血行を良くする働きも認められています。

 

イソサミジンは、前立腺の筋肉を弛緩させ、前立腺肥大症による頻尿を改善します。

 

セサミン

セサミンは、ゴマに含まれるゴマリグナン類という成分のひとつです。
ゴマリグナンは食物繊維の一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
ゴマリグナンは、抗酸化作用に優れ、老化防止に働きます。

 

ゴマリグナンはセサミン以外の成分も含んでいますが、セサミンを特に多く含有しています。
とはいえ、ゴマに含まれるセサミンの量は極微量ですので、サプリメントによる摂取が効果的です。

 

前述したノコギリヤシと一緒にセサミンが配合されているサプリメントは、
前立腺肥大症予防に一層の効果が期待できます。

セサミンは前立腺肥大予防の他にも肝機能を向上させ、高血圧や、がんの予防にも効果があります。

 

ペポカボチャ

ペポカボチャはウリ科の植物で、日本カボチャ、西洋カボチャと並び、カボチャの代表の品種です。
ペポカボチャの種は柔らかく、炒って食べるとナッツのような味わいがあります。

 

ペポカボチャの種はタンパク質、オメガ3脂肪酸、βカロテン、鉄、ビタミンE、亜鉛、カルシウムなどの優れた栄養成分を含みます。
ペポカボチャの種の抽出エキスは、前立腺肥大症の症状である
尿漏れや排尿障害の予防、改善に非常に効果的で、ドイツでは医薬品として使用されています。

 

植物性ステロール

植物性ステロールは、植物細胞の構成成分のひとつで、豆類、穀類の胚芽の部分に含有されています。
動物由来の脂質がコレステロール 、植物由来の脂質が植物ステロールです。

 

コレステロールは体内で吸収されますが、植物性ステロールは体内でほとんど吸収されず、
コレステロール値を下げる効果があり、前立腺肥大症の症状である排尿トラブルを改善する働きがあります。

 

植物性ステロールはサラダ油やマーガリンに含まれていますが、サプリメントでも販売されています。

 

関連ページ

オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすい?
オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすいのか?それともなりにくいのか?順番に考えていきます。
精力絶倫家ほど前立腺に異常を来たす?それともなにりくい?
前立腺肥大、前立腺がん等の病気には、精力絶倫家の方が罹患しやすいのか?このような疑問や不安を持つ方って多いです。研究発表によると・・・
前立腺が肥大する原因とその症状&自己チェックリスト【重要】
前立腺が肥大する原因とその症状、前立腺肥大症の自己チェックができるリストをご紹介します。
前立腺肥大症の治療法※薬物療法・手術療法か&藥の副作用
前立腺肥大症の治療は大きく分けて薬物療法と手術療法に分けられます。前立腺肥大症の治療薬の副作用についても説明します。
前立腺炎の症状と治療法※こんな人は要注意!
前立腺がなんらかの原因により炎症を起こした状態を前立腺炎といいます。原因、症状、治療法について説明します。
尿切れの悪い人必見!排尿後尿滴下の原因と対策
今回は「チョイもれ」などとも呼ばれる排尿後尿滴下の症状について原因と対策を見ていきます。
前立腺ガンになりやすい人とは?前立腺肥大症だとなりやすい?
前立腺がんになりやすい条件ならびに前立腺肥大症だと前立腺がんになりやすいのかについて説明します。
今すぐチェック!前立腺がんの初期症状とは
前立腺がんの場合かなり進行した段階で症状に気づくことになり、病院の受診が遅れがちになることがあるので、自覚症状には気をつける必要があります。
アスタキサンチンが前立腺肥大症の改善に役立つ!その理由は?
アメリカの研究機関で行われた実験で、ノコギリヤシとアスタキサンチンを同時に成人男子に与えて男性ホルモンの変化を調べた結果、すべての被験者において改善したというのです。
※警告!オメガ3は前立腺がんのリスクを高める!
健康によいとされているオメガ3ですが、オメガ3の血液中の濃度が高い人程、前立腺がんを発症するリスクが高いという研究結果をアメリカのがん協会が発表しました。
前立腺がんを予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺がんを予防する食事、食品、サプリメントについてまとめてみました。最新の前立腺がん予防情報もお伝えします。
どれを選択すべきか?前立腺がんの4つの治療法※比較して決めよう
前立腺がんの治療方法は手術療法、放射線療法、薬物療法、待機療法の4つに大別されます。治療の選択は、PSA値、腫瘍の悪性度、リスク分類、年齢、患者の意思や考え、ライフスタイルに基づき決定されます。
前立腺肥大症の日常生活での7つの注意事項
前立腺肥大症になると、治療だけではなく、日常生活の注意点を守ることにより症状の改善が見られると言われています。
ここまで来た!最新の前立腺がんの治療法と検査方法
どのような治療方法を選択するかはそのガンの進行度合いと悪性度をみて判断されます。まずは最新の前立腺がんの治療法の種類を見てみましょう。
今すぐ確認!前立腺肥大症の段階的症状と日常で出来る対策
前立腺肥大症の段階的な症状の説明と、前立腺肥大症になってしまった場合の日常で出来る対策について綴ります。
アルコールは前立腺肥大症の大敵!風邪薬と便秘にも要注意!
特にお酒が好きな人は要注意!前立腺肥大とアルコールの関係について解説します。また、風邪薬と便秘にも気をつけなければいけません。合わせて説明します。
男性・女性の尿漏れの原因と対策!効果的な成分・サプリ
男性の尿もれ、女性の尿もれの原因とその対策、効果的な成分とサプリメントをご紹介します。

このページの先頭へ戻る