前立腺がんを予防する食べ物&サプリメントまとめ

 

目次

前立腺がんと食事

前立腺がんは、近年、がんの中で最も増加率の高いがんになっています。
前立腺がん発症の要因として、高年齢、男性ホルモン、食事、遺伝、人種が考えられます。

 

食事に関しては、高カロリー、高脂肪、動物性たんぱく質及び乳製品の摂りすぎなど、食生活の欧米化が日本国内の前立腺がん患者数の増加に繋がっていると見られています。
がん発症と食べ物は密接に関係しています。

 

前立腺がんを予防する食べ物

前立腺がんに限らず、基本的にどんながんの予防にも、大切なことはバランスの取れた食事をすることにあります。
偏った食事は、がんをはじめ生活習慣病の原因となります。

 

現在のところ、前立腺がんを確実に防ぐ食べ物や、逆に確実に前立腺がんになる食べ物が特定されている訳ではありません。
しかし、前立腺がんの予防に効くとされる食べ物は研究により明らかになってきました。

 

前立腺がんを予防する食べ物として、以下の食品が注目されています。

 

大豆、大豆製品

前立腺がんを予防する食べ物としてまず挙げられるのが大豆、大豆製品です。
大豆には、ポリフェノールの一種のイソフラボンが含まれています。

 

研究では、イソフラボンを多く摂取することにより、限局性前立腺がんのリスクが低下することが確認されました。
限局性前立腺がんとは、がんが前立腺のみに見受けられる、比較的初期段階のがんです。イソフラボンには、前立腺がんのリスクを高める男性ホルモン、テストステロンの分泌を抑制する働きも認められています。

 

トマト

トマトの赤色の色素は、リコピンと呼ばれる抗酸化物質です。
リコピンは老化の原因となる活性酸素の働きを弱めます。リコピンは動脈硬化をはじめ、糖尿病などの生活習慣病の予防、改善に効果を発揮します。

 

リコピンは、がん全般に予防効果がありますが、特に前立腺がん予防に効果的だとされています。
リコピンの吸収率は、生のトマトより加熱したトマトやトマトピューレ、トマトソースの方が高くなることがわかっています。

 

緑茶

緑茶にはカテキンという物質が含まれています。
カテキンはポリフェノールの一種の抗酸化物質で、男性ホルモンのテストステロンのレベルを下げ、がん細胞をアポトーシスと呼ばれる細胞死に促す効果があることがわかっています。

 

緑茶は、前立腺を越え他の部位にまで転移している進行前立腺がんのリスクを低下させる働きがあります。


ブロッコリー、カリフラワーなどのアブラナ科野菜

ブロッコリー、カリフラワー、小松菜などのアブラナ科の野菜を多く摂取している男性は、進行前立腺がんになるリスクが低くなるという海外での研究結果が出ています。

 

アブラナ科の野菜は他にもキャベツ、芽キャベツ、ケールなどがありますが、これらの野菜に含まれている辛味成分のイソチオシアン酸塩という物質には、抗酸化力を高める働きと解毒酵素の効果があり、抗がん力を発揮します。

 

また、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜は、ビタミンC、食物繊維、カルシウムなどの栄養素も豊富に含みますので、がんの予防効果が更に高まります。

 

前立腺がんを予防するサプリメント

前立腺がんを予防するサプリメントには以下のものがあります。

 

クルクミン

クルクミンは、ショウガ科の多年草植物のウコン(ターメリック)などに含まれるポリフェノールの一種です。
鮮やかな黄色をしているウコンは、カレーをはじめとするスパイスや着色料として利用されています。

 

クルクミンは活性酸素を除去する抗酸化作用があり、胆汁の分泌を促進し肝機能を高めます。
そしてクルクミンは、前立腺がんの発症を抑制する働きがあります。

 

また海外の研究では、クルクミンには前立腺がんの転移を抑制する効果が認められたという報告もあります。
クルクミンは、体内での吸収が悪いのが難点ですが、粒子を非常に細かくし、吸収を高めるサプリメントが開発されています。

 

ザクロジュース、ザクロエキス

ザクロジュースは、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが多く含まれ、非常に強い抗酸化作用があります。
ザクロジュースには、ザクロの皮に含まれているポリフェノールがより多く抽出されるので、ザクロの果物そのものより前立腺がんを予防する効果が高いとされています。

 

ザクロジュースは、がん細胞の増殖を抑制し、細胞死を促進します。
ザクロジュースを飲むことにより、血清中の抗酸化力が強化され、前立腺がん予防に働くとされています。

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシはヤシの一種で、アメリカ固有の低木の植物です。
ノコギリヤシの実の抽出液には遊離脂肪酸を多く含み、排尿に関するトラブルを改善する働きがあります。
また、ノコギリヤシは男性ホルモンのテストステロンと結びつき、前立腺肥大の原因となるジヒドロステロンというホルモンを作るための酵素を抑制する働きがあります。

 

欧米ではノコギリヤシは前立腺肥大の治療医薬品として使われています。
前立腺がんは悪性腫瘍で、前立腺肥大とは違う疾患ですが、その初期の症状は、尿漏れなど前立腺肥大に似た兆候が現れます。
前立腺が肥大するのを予防し、排尿のトラブルを防ぐためにはノコギリヤシのサプリメントに効果が期待できます。

 

マルチビタミン剤

がん予防で大切なことは、栄養のバランスがうまく取れている食事をすることです。
がんに効くからと、ひとつの栄養素だけを過剰に摂取すると、かえって健康を害する結果になりかねません。

 

前立腺がんを予防するためには、野菜をたっぷりと摂る必要があります。
とはいえ、毎回、理想的な栄養バランスの取れた食事をするのは容易ではありません。
不足しがちなビタミンを補うために、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンBなど
多種類のビタミンを配合したサプリメントの摂取が効果的です。


 

サプリメント摂取の注意点

前立腺がんを予防する成分は、出来る限り食品から摂るのが理想的です。
食品からですと、特定の栄養素だけの過剰摂取を防ぐことができます。
しかしサプリメントの場合、摂取量に気をつけないと特定成分の過剰摂取になる場合があり、かえって症状を悪化させてしまうリスクが伴います。
また、服用している薬があれば、飲み合わせによる危険性についても事前に医師と相談する必要があります。
サプリメントは、足りない栄養素を補う補助的なものであるという認識を常に持つことが大切です。

最新情報!前立腺がんの予防にセレン?!

男性のがん発生率の推移で、肺がんに次いでリスクが高いとされるのが前立腺がん。

 

食生活の欧米化に伴い爆発的に増加しつつある前立腺がんの予防に、
必須ミネラルのセレンが注目を集めています。

 

セレンと前立腺がんの最新情報についてまとめました。


 

セレンとは?

セレンの発見は1817年。
燃えると美しい光を放つことから、ギリシャ語の「月(selene)」という名が付きました。

 

このセレン、長い間毒性が強い元素として認識されており、
人体にとって必須なミネラルであることが証明されたのは、ごく近年のことです。
では、このセレンと前立腺がんにはどんな関係があるのでしょうか。


 

セレンは前立腺がんを予防する?

2004年のアメリカの研究機関によって、セレンが充分に摂れている人は前立腺がんのリスクが低いという報告が成されました。

 

1000人を超える被験者と13年に及ぶ追跡調査の結果、血中セレン濃度別に5グループに分けて血中のセレン濃度が最も濃いグループは最も低いグループに比べて前立腺がんにかかるリスクが48%も低かったというのです。

 

元々国土が広く、土壌中のセレンの分布にもばらつきがあるアメリカでは、セレン濃度が高い地域の住民の方が前立腺がんの発生が低いという統計もあり、この結果は大きな衝撃を持って迎えられました。

 

この結果を受けて、各国の研究機関が研究を行い、さらに過去の研究データを横断的に分析する機関が現れました。
2012年にイギリスで発表された結果によると、合計で13,254人の健康な人と5,007人の前立腺がん患者を含む12の研究を分析した結果、セレンの前立腺がん予防には一定の効果が期待できるとしています。

 

セレンの血中濃度が135〜170ng/mLの場合、濃度が低い人に比べて前立腺がんの発生リスクが15〜25%も低くなっています。
特に進行性の前立腺がんの発生には差が大きく、40〜50%の開きが出ることが判明しました。

 

セレンは前立腺がんのリスクを高める?

ところが、これと正反対の研究結果が続々と発表されるに至り、
セレンの前立腺がん予防に対する認識が揺れ動く事態となりました。

 

2001年、やはりアメリカの研究機関で、35,000人以上の男性を対象として
ビタミンEとセレンの複合サプリを飲んだ場合の前立腺がんの発症率を追跡する実験が行われたのです。

 

結果から言うと、この実験は予定の12年間を待たず、2008年には中止されてしまいました。
この時点で、サプリを飲んだグループの前立腺がんのリスクが高くなる可能性が見つかったからです。

 

実際に実験は中止されましたが、そのあとも継続してサプリを飲み続けた男性被験者たちがおり、
2年後には17%もの前立腺がん発生リスクの上昇を確認する結果となっています。

 

ここで重要なのは、セレンががんを予防する、増加させるという単純な結果論ではないということです。

 

他の研究を見ても、セレンの摂取量が適正であれば前立腺がんのリスクは低くなり、
摂取量が少なすぎても高すぎてもリスクが高まる、という報告が相次いでいます。

 

前立腺がんとセレンの関係性は、現在も研究が盛んにおこなわれている分野であり、
一方の結果だけを鵜呑みにするのは危険と考えるべきでしょう。

 

まとめ

セレンはまだ研究が続けられている新しいミネラルです。
わずか10年ほどの間に、真逆な研究結果が続々と発表されていることからもそれがうかがわれます。

 

魚や卵、ナッツ、海苔やゴマなどから充分な摂取量が期待できる人は、
サプリで補う必要はそれほど高くないと考えらえます。
微量のセレンを含有するノコギリヤシサプリについては、一定の効果が期待できるかもしれません。
肉食が多く、魚や海藻を摂らない人は、そういった選択肢もアリではないでしょうか。


 

関連ページ

オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすい?
オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすいのか?それともなりにくいのか?順番に考えていきます。
精力絶倫家ほど前立腺に異常を来たす?それともなにりくい?
前立腺肥大、前立腺がん等の病気には、精力絶倫家の方が罹患しやすいのか?このような疑問や不安を持つ方って多いです。研究発表によると・・・
前立腺が肥大する原因とその症状&自己チェックリスト【重要】
前立腺が肥大する原因とその症状、前立腺肥大症の自己チェックができるリストをご紹介します。
前立腺肥大症の治療法※薬物療法・手術療法か&藥の副作用
前立腺肥大症の治療は大きく分けて薬物療法と手術療法に分けられます。前立腺肥大症の治療薬の副作用についても説明します。
前立腺炎の症状と治療法※こんな人は要注意!
前立腺がなんらかの原因により炎症を起こした状態を前立腺炎といいます。原因、症状、治療法について説明します。
尿切れの悪い人必見!排尿後尿滴下の原因と対策
今回は「チョイもれ」などとも呼ばれる排尿後尿滴下の症状について原因と対策を見ていきます。
前立腺ガンになりやすい人とは?前立腺肥大症だとなりやすい?
前立腺がんになりやすい条件ならびに前立腺肥大症だと前立腺がんになりやすいのかについて説明します。
今すぐチェック!前立腺がんの初期症状とは
前立腺がんの場合かなり進行した段階で症状に気づくことになり、病院の受診が遅れがちになることがあるので、自覚症状には気をつける必要があります。
アスタキサンチンが前立腺肥大症の改善に役立つ!その理由は?
アメリカの研究機関で行われた実験で、ノコギリヤシとアスタキサンチンを同時に成人男子に与えて男性ホルモンの変化を調べた結果、すべての被験者において改善したというのです。
※警告!オメガ3は前立腺がんのリスクを高める!
健康によいとされているオメガ3ですが、オメガ3の血液中の濃度が高い人程、前立腺がんを発症するリスクが高いという研究結果をアメリカのがん協会が発表しました。
前立腺肥大症を予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺肥大症を予防改善するための食品や成分、サプリメントをまとめてみました。
どれを選択すべきか?前立腺がんの4つの治療法※比較して決めよう
前立腺がんの治療方法は手術療法、放射線療法、薬物療法、待機療法の4つに大別されます。治療の選択は、PSA値、腫瘍の悪性度、リスク分類、年齢、患者の意思や考え、ライフスタイルに基づき決定されます。
前立腺肥大症の日常生活での7つの注意事項
前立腺肥大症になると、治療だけではなく、日常生活の注意点を守ることにより症状の改善が見られると言われています。
ここまで来た!最新の前立腺がんの治療法と検査方法
どのような治療方法を選択するかはそのガンの進行度合いと悪性度をみて判断されます。まずは最新の前立腺がんの治療法の種類を見てみましょう。
今すぐ確認!前立腺肥大症の段階的症状と日常で出来る対策
前立腺肥大症の段階的な症状の説明と、前立腺肥大症になってしまった場合の日常で出来る対策について綴ります。
アルコールは前立腺肥大症の大敵!風邪薬と便秘にも要注意!
特にお酒が好きな人は要注意!前立腺肥大とアルコールの関係について解説します。また、風邪薬と便秘にも気をつけなければいけません。合わせて説明します。
男性・女性の尿漏れの原因と対策!効果的な成分・サプリ
男性の尿もれ、女性の尿もれの原因とその対策、効果的な成分とサプリメントをご紹介します。

このページの先頭へ戻る