前立腺が肥大する原因とその症状&自己チェックリスト

前立腺は男性だけにある臓器で、これが加齢とともに病気を発症することがあるので
中高年の男性は気をつけなければならないということを聞いたことがあるでしょう。

 

今回はこの前立腺が肥大する前立腺肥大症の症状について見ていきます。

前立腺とは?

 

前立腺は「腺」という文字が付いていますが、れっきとした臓器の一つです。

 

生殖器の一部として考えられており、膀胱の下に存在しています。
重さは数グラムほどでそれほど大きくありません。

 

この臓器の明確な存在意義はよく分かっていない部分もありますが、
前立腺液を分泌し、これが精子の基になるとされています。
また尿の排せつや射精時に圧力を加えることでこれをスムーズにする役目も果たします。

前立腺が肥大する原因は未だにはっきりと解明されていませんが、
加齢と共に肥大が起きる可能性が高まることから、
男性ホルモンのバランスが関係していることは確かだと言われています。

 

特に50代以降からは発症率が高まります。


前立腺肥大症の症状としては、尿道の周囲にあるために主に排尿トラブルの原因になります。

 

例えば尿道を圧迫するために尿がスムーズに排泄されない排尿遅延
全て出したはずなのにすっきしりない残尿感
排尿中も勢いがなくなかなか終わらない、また尿が全て出しきれないために起こる頻尿や、
夜間にそれが顕著に起こる夜間頻尿などがあります。

 

これらの症状は前立腺肥大症以外でも起きることがありますが、
排尿トラブルは前立腺が関与している確率が高いので
一般的には泌尿器科などで診察を受けることになります。

 

そこでは尿検査のほか超音波を使った画像検査、
また必要に応じて肛門から指を入れ前立腺の大きさや固さなどを触診する
直腸診が行われることがあります。

 

この直腸診が心理的、肉体的に負担に感じるため
なかなか受診できないという男性が多いですね。

 

前立腺の肥大はそれ自体は直接命に係わるものではありませんが、
肥大が大きくなってくると排尿トラブルの負担が増してきて
尿漏れなど生活に支障をきたす事態になることもあります。

 

また前立腺は中高年齢者のガンの好発部位でもあることから注意が必要です。

 

前立腺の肥大はがんの発生リスクを高めるため、
細胞がガン化していないかどうか定期的にチェックする必要があります。
ガン化前のリスク低減の為に、健康保険などの健診項目に入れられることも多いです。

 

いずれにしても50代以降の男性はリスクが増大することを覚えておきましょう。

前立腺肥大症の自己チェックリスト

 

男性なら誰しもかかる可能性のある病気、前立腺肥大症。
気付くとトイレの回数が増えていたり、残尿感があったりと心当たりがある人も多いのでは?
ここでは前立腺肥大症の自己チェックができるリストをご紹介します。

 

まずはチェック!あなたは前立腺肥大症?

 

次の7項目の質問に0〜5点で点数を付けます。

点数の付け方

  • 0点:まったくなし
  • 1点:5回に1回の割合未満
  • 2点:2回に1回の割合未満
  • 3点:2回に1回の割合
  • 4点:2回に1回の割合以上
  • 5点:ほとんど常に

質問

Q1:最近1ヶ月間、排尿後に尿がまだ残っている感じがありましたか。

A1:

Q2:最近1ヶ月間、排尿後2時間以内にもう一度いかねばならないことがありましたか。

A2:

Q3:最近1ヶ月間、排尿途中に尿が途切れることがありましたか。

A3:

Q4:最近1ヶ月間、排尿を我慢するのがつらいことがありましたか。

A4:

Q5:最近1ヶ月間、尿の勢いが弱いことがありましたか。

A5:

Q6:最近1ヶ月間、排尿開始時にいきむ必要がありましたか。

A6:

Q7:最近1ヶ月間、床に就いてから朝起きるまでに普通何回排尿に起きましたか。

A7:

合計点数 0

 

採点方法

全部の回答の点数を足してください。
その合計値によって、以下のように分類されます。

  • 0〜8:軽症
  • 9〜20:中等症
  • 20以上:重症

 

点数が8以下の場合は、前立腺肥大症ではないか、そうであってもごく初期の軽症と考えられます。
経過観察と生活指導(食事やサプリメントによる改善)で回復するレベルです。

 

中〜重症の判定が出た場合、さらに詳しい検査が必要です。
泌尿科の専門医に相談をしましょう。

 

結果で特に気にすべき点は?

Q1・2・4は前立腺肥大症の初期によくみられる症状で、一般的に「残尿」「頻尿」と呼ばれるケースです。
点数が高ければ、医師に相談することをお勧めします。
ただ、生活習慣の見直しやサプリメントなどで改善できる可能性は高く、即手術ということにはならないでしょう。

 

問題はQ3・5・6で、これは前立腺肥大が進んで膀胱から尿道への出口をふさいでしまう「尿閉」と呼ばれる症状のサインです。
尿閉は突然まったく尿が出なくなってしまうことで、一部の風邪薬やアルコールの摂りすぎなどが引き金になって発生することがあります。
非常に危険な状態で、膀胱には尿が溜まっているのに排出できないため、すぐに泌尿科へ駈け込まなければなりません。

 

もしQ3・5・6の点数が高かった場合、合計点が低くてもなるべく早く医師に相談してください。

 

まとめ

今回ご紹介したアンケート方式のチェックリストは、実は国際的に認められれ医師も使用している正式なものです。
「国際前立腺症状スコア(IPSS)」と呼ばれ、前立腺肥大症で受診した場合ほぼ確実に最初の問診で行われるでしょう。
自分の状態を客観的に把握するのに役立つため、一度きちんとチェックしてみてください。

 

もし中等症・重症の判定が出てしまったら、なるべく早く医師に相談することをお勧めします。
前立腺肥大症は、正しく治療すれば快癒の可能性が高い病気です。
快適で明るい毎日を送るためにも、きちんと向き合って対処したいものです。

 

関連ページ

オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすい?
オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすいのか?それともなりにくいのか?順番に考えていきます。
精力絶倫家ほど前立腺に異常を来たす?それともなにりくい?
前立腺肥大、前立腺がん等の病気には、精力絶倫家の方が罹患しやすいのか?このような疑問や不安を持つ方って多いです。研究発表によると・・・
前立腺肥大症の治療法※薬物療法・手術療法か&藥の副作用
前立腺肥大症の治療は大きく分けて薬物療法と手術療法に分けられます。前立腺肥大症の治療薬の副作用についても説明します。
前立腺炎の症状と治療法※こんな人は要注意!
前立腺がなんらかの原因により炎症を起こした状態を前立腺炎といいます。原因、症状、治療法について説明します。
尿切れの悪い人必見!排尿後尿滴下の原因と対策
今回は「チョイもれ」などとも呼ばれる排尿後尿滴下の症状について原因と対策を見ていきます。
前立腺ガンになりやすい人とは?前立腺肥大症だとなりやすい?
前立腺がんになりやすい条件ならびに前立腺肥大症だと前立腺がんになりやすいのかについて説明します。
今すぐチェック!前立腺がんの初期症状とは
前立腺がんの場合かなり進行した段階で症状に気づくことになり、病院の受診が遅れがちになることがあるので、自覚症状には気をつける必要があります。
アスタキサンチンが前立腺肥大症の改善に役立つ!その理由は?
アメリカの研究機関で行われた実験で、ノコギリヤシとアスタキサンチンを同時に成人男子に与えて男性ホルモンの変化を調べた結果、すべての被験者において改善したというのです。
※警告!オメガ3は前立腺がんのリスクを高める!
健康によいとされているオメガ3ですが、オメガ3の血液中の濃度が高い人程、前立腺がんを発症するリスクが高いという研究結果をアメリカのがん協会が発表しました。
前立腺肥大症を予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺肥大症を予防改善するための食品や成分、サプリメントをまとめてみました。
前立腺がんを予防する食べ物&サプリメントまとめ
前立腺がんを予防する食事、食品、サプリメントについてまとめてみました。最新の前立腺がん予防情報もお伝えします。
どれを選択すべきか?前立腺がんの4つの治療法※比較して決めよう
前立腺がんの治療方法は手術療法、放射線療法、薬物療法、待機療法の4つに大別されます。治療の選択は、PSA値、腫瘍の悪性度、リスク分類、年齢、患者の意思や考え、ライフスタイルに基づき決定されます。
前立腺肥大症の日常生活での7つの注意事項
前立腺肥大症になると、治療だけではなく、日常生活の注意点を守ることにより症状の改善が見られると言われています。
ここまで来た!最新の前立腺がんの治療法と検査方法
どのような治療方法を選択するかはそのガンの進行度合いと悪性度をみて判断されます。まずは最新の前立腺がんの治療法の種類を見てみましょう。
今すぐ確認!前立腺肥大症の段階的症状と日常で出来る対策
前立腺肥大症の段階的な症状の説明と、前立腺肥大症になってしまった場合の日常で出来る対策について綴ります。
アルコールは前立腺肥大症の大敵!風邪薬と便秘にも要注意!
特にお酒が好きな人は要注意!前立腺肥大とアルコールの関係について解説します。また、風邪薬と便秘にも気をつけなければいけません。合わせて説明します。
男性・女性の尿漏れの原因と対策!効果的な成分・サプリ
男性の尿もれ、女性の尿もれの原因とその対策、効果的な成分とサプリメントをご紹介します。

このページの先頭へ戻る