前立腺肥大症その他前立腺の病気に関するコラム

前立腺肥大症、前立腺がん、前立腺炎など前立腺に関する病気を改善する手立てについて綴ります。

 

前立腺肥大症その他前立腺の病気に関するコラム記事一覧

前立腺の病気とは?前立腺の病気とは、細かいものも入れるといくつかありますが、大きく分けると『前立腺肥大』と『前立腺がん』です。これら2つの病気は、はっきりとした原因がわかっていません。ただし、男性ホルモンの分泌量の変化やバランスが崩れることによって起こる傾向があるということがわかっています。オナニーの回数の多い人は将来的に前立腺の病気になりやすい?それともなりにくい?オナニーの回数が多いと将来前立...
前立腺の病気とは?前立腺の病気と一言で言っても性質がそれぞれ異なってきます。前立腺の主な病気は以下の2つです。前立腺肥大症前立腺肥大症は前立腺内部の内腺と呼ばれる部位に良性の腫瘍が出来て肥大してしまうこと。症状としては、頻尿、夜間頻尿、排尿遅延、残尿感が起こる等があります。前立腺がん前立腺の中でも尿道から離れた外腺にできやすいがんです。その為、尿道や膀胱が圧迫されにくく、初期症状が出づらいという特...
前立腺は男性だけにある臓器で、これが加齢とともに病気を発症することがあるので中高年の男性は気をつけなければならないということを聞いたことがあるでしょう。今回はこの前立腺が肥大する前立腺肥大症の症状について見ていきます。目次前立腺とは?前立腺が肥大する原因前立腺肥大症の症状前立腺肥大症の自己チェックリスト前立腺とは?前立腺は「腺」という文字が付いていますが、れっきとした臓器の一つです。生殖器の一部と...
前立腺が肥大することそのものはすぐに悪さをするものではないので、軽症で排尿トラブルなども無いようであれば経過観察が行われることもあります。ある程度肥大が進み、今後も続くことが予見される場合や、発見時にすでに肥大が進んでいた場合は積極的な治療が取られることになります。前立腺肥大症の治療は大きく分けて薬物療法と手術療法に分けられます。基本的には薬物療法が第一選択肢となりますが、発見時にかなり肥大が進ん...
男性特有の前立腺は排尿や射精時のコントロールなどの働きをするものですが、病気にかかると何かと厄介な存在になるので男性は前立腺のことをあまり考えたくないという人が多いですね。加齢とともに悪い症状を呈する確率が高まるこの臓器は、前立腺肥大症や前立腺がんなど中高齢者に好発する病気の温床になるからです。もう一つ前立腺炎という病気があるのですが、上記の二つの病気とはまた違ったものです。今回は前立腺炎の症状や...
オシッコの悩みは命まで奪わないにしても不快感によって日常生活の質を下げてしまうため早期に改善したいものです。中高年男性では色々なタイプのオシッコの悩みがありますが、排尿後に歩き出した後で少量の尿がじわじわと染み出て来てパンツやズボンを濡らしてしまう「排尿後尿滴下」という症状に悩まされる方が少なくありません。今回は「チョイもれ」などとも呼ばれる排尿後尿滴下の症状について原因と対策を見ていきます。排尿...
前立腺は男性にだけある臓器で生殖器の一つとされています。前立腺はガン化するかどうかに関係なく前立腺肥大症という症状を起こすことがあり、これが頻尿など尿トラブルを起こす原因となり多くの男性の悩みの種になっています。ただの肥大であれば命の危険はありませんが、これがガン化して肥大する場合もあるので、この場合は命の危険が生じることになります。現在のところ前立腺がガン化する原因ははっきりとは解明されていない...
前立腺がんはガン化の態様から初期の段階では自覚症状が起きにくいとされています。前立腺といえば前立腺肥大症という症状がありますが、これと前立腺がんは密接な関係がありそうに見えて実際は全く別物です。両者に因果関係は無く、前立腺肥大症が起きたからといって前立腺がんになりやすいというわけではありません。しかし自覚症状が同じために関連性があるはずだと考える方が多いですね。この点、症状は同じでも、その症状の現...
頻繁にトイレに行きたくなるが、思ったほど尿が出ない。キレもなく悪くなってきたし、出した後もなんとなく残尿感が消えない。これらの症状を気にして、ノコギリヤシのサプリメントを飲んでいる男性も多いのでは?思ったほど効果が出なかったり、これから飲んでみようと思うけれどどれを選んでよいか悩んだりしていませんか?ノコギリヤシサプリが効かないのは、必要な成分が足りていないのかもしれません。すでに飲んで不満に思っ...
注目の必須脂肪酸オメガ3必須脂肪酸オメガ3が注目されています。オメガ3は青魚に多く含まれ、今や幅広く知られているDHA(ドコサヘキサエン酸)EPA(エイコサペンタエン酸)αリノレン酸などの脂肪酸のことです。オメガ3は、人の体内で作ることはできませんが、人が生きる上で必要な栄養素で、食品から摂る必要があります。DHAとEPAはいわし、にしん、さば、あじなどの魚に、αリノレン酸は大豆油、米ぬか油、えご...
前立腺肥大症とは加齢に伴って前立腺が大きくなるのが前立腺肥大症です。前立腺肥大症は良性の病気で、50歳以降の男性に起こりやすくなります。前立腺肥大症の症状として頻尿、尿漏れ、排尿困難などの尿のトラブルがあります。前立腺肥大症でも、特に治療を必要としないケースも多く見られます。前立腺肥大症の原因はまだ解明されていない部分が多いのですが、男性ホルモンが発症に関与していることは確認されています。前立腺肥...
目次前立腺がんと食事前立腺がんを予防する食べ物前立腺がんを予防するサプリメント最新情報!前立腺がんの予防にセレン?!前立腺がんと食事前立腺がんは、近年、がんの中で最も増加率の高いがんになっています。前立腺がん発症の要因として、高年齢、男性ホルモン、食事、遺伝、人種が考えられます。食事に関しては、高カロリー、高脂肪、動物性たんぱく質及び乳製品の摂りすぎなど、食生活の欧米化が日本国内の前立腺がん患者数...
前立腺がんの治療方法は手術療法、放射線療法、薬物療法、待機療法の4つに大別されます。治療の選択は、PSA値、腫瘍の悪性度、リスク分類、年齢、患者の意思や考え、ライフスタイルに基づき決定されます。手術療法手術療法は体への負担が大きいことから、期待される余命が10年以上あり、健康状態が比較的良好な人に向いています。また手術療法は、がんが前立腺内に留まっている合併症のない限局性前立腺がんに適しています。...
前立腺は膀胱の下に位置し、前立腺液を分泌する器官です。加齢に従い、 前立腺の内部の尿道に接した移行域と呼ぶ部分に結節ができ、徐々に肥大し尿道を圧迫するようになり、排尿障害などのさまざまな症状がでる病気が前立腺肥大症です。前立腺肥大症になると、治療だけではなく、日常生活の注意点を守ることにより症状の改善が見られると言われています。前立腺肥大症と上手につき合っていくためには、生活習慣の見直しが非常に重...
目次前立腺がんの治療法前立腺がんの進行度と進行度別の治療法前立腺がんの検査方法検査の結果前立腺がんが見つかった場合にはがん治療に移行することになります。どのような治療方法を選択するかはそのガンの進行度合いと悪性度をみて判断されます。まずは最新の前立腺がんの治療法の種類を見てみましょう。前立腺がんの治療法PSA監視療法これはこれまでの検査の結果やガンの悪性度などを総合的に考えて、今すぐには体への害が...
前立腺の役割前立腺肥大症とは前立腺肥大症の症状前立腺肥大症の日常で出来る対策座りっぱなしの仕事が前立腺肥大症を呼ぶ前立腺の役割前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。前立腺は、精液の一部である前立腺液を分泌します。前立腺液は男性ホルモンにより生成され、精のう液と混ざり合い、精しょうと呼ばれる精液の液体の部分になります。精巣で作られる精子と、前立腺からの精しょうとが混ざり合っ...
目次アルコールは前立腺肥大症の大敵!前立腺肥大症の人は風邪薬と便秘に要注意!オシッコの出が悪くなってきた、トイレが近く、寝ている時にも何度かトイレに行きたくなる。こんな症状が出始めたらそれは前立腺肥大症のサインかもしれません。男性なら特に珍しくはない症状ですが、症状が悪化すれば生活に思わぬ支障をきたしてしまいます。特にお酒が好きな人は要注意!前立腺肥大とアルコールの関係について解説します。前立腺と...
数あるオシッコのトラブルの中でも厄介なのは尿漏れです。夜間頻尿などはトイレの回数が多くても本人が困らなければ良いですが、日中の尿漏れはそうはいきません。尿漏れによってズボンを汚してしまったり、臭いを発生させてしまうので他人への影響というものがあります。友人であればまだ良いかもしれませんが、職場などで尿漏れを起こせば対人関係にひびが入ったり、その人の信頼性や影響力に変化が出ることも考えられます。単純...

このページの先頭へ戻る