ヨーロッパではノコギリヤシが医薬品として使われているって知ってましたか?

 

現在日本国内ではノコギリヤシは医薬品には指定されておらず、
そのためドラッグストアなどで気軽に購入することができますが、
海外では医薬品として認定され治療に使用されている国もあります。

 

フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、ベルギー、ハンガリー、スウェーデンなどがそうですが、
これらの国々は昔からメディカルハーブの治療薬への登用が比較的盛んな国々です。
植物の効果効能を研究してヒトの病気の治療や悩みの改善に役立てることが得意な国々といえます。

 

もちろん日本を含むアジア諸国でも生薬、漢方といった自然植物由来の治療薬が発達しましたが、
自然素材ゆえにそれが生育できる環境が異なるため、
ノコギリヤシが生育できるヨーロッパ諸国で医薬品としての研究が進んだことは頷けますね。

 

ノコギリヤシは「植物性カテーテル」

海外の医師たちはノコギリヤシを「植物性カテーテル」とか「天然のカテーテル」などと呼びます。

 

カテーテルというのは泌尿器の疾患などで尿の出が悪くなった患者さんに使用する、排尿の為に体に挿入する医療用の管のことです。
この排尿管と同じ作用をすることから自然のカテーテルとして認識されているのですね。

 

冒頭で示した国々では尿トラブルに対して積極的にノコギリヤシを投与し、その治療効果を実験しています。
その実験データは豊富で、各国で数百人から数千人の被験者に投与し、その多くが良好な治療効果を得ていることが報告されています。

 

特に前立腺肥大の初期の段階で投与することにより強い改善効果を得ることができるとされています。
具体的には頻尿や残尿感を覚え出してから間もない時期がこれにあたります。


ノコギリヤシはどんな作用をする?

 

ノコギリヤシはそのエキスの中に複数の成分を含みますが、それぞれが相乗効果をもたらして良い効果を発揮します。

 

具体的には

  • 男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用
  • 炎症を抑える作用
  • 尿道括約筋に働きかける作用

などが複数の側面からアプローチし、前立腺組織の肥大を予防・改善して尿トラブルの解消につなげます。

 

前立腺肥大症というのは単に前立腺の組織が大きくなるのとは違って、一種の腫瘍になります。

 

ガンのような悪性のものではなく良性の腫瘍ですのですぐさま命の危険はないものですが、
尿道を閉塞して排尿できなくなると危険な状態になることもあります。

 

できだけ初期のうちに対処しておくためにもノコギリヤシは良い味方になってくれるでしょう。

男性に朗報!ノコギリヤシの様々な効果

 

ノコギリヤシといえば男性に大人気のサプリメントで、
ドラッグストアには色々な会社が製造した商品が販売されていますね。

 

ノコギリヤシは基本的には女性も服用できるのですが、購入層のほとんどは男性が占めています。
若い年代の方ももちろんですが、とりわけ中高年の男性に特に人気があります。

 

いったいどんな効果があるのでしょうか。
今回はノコギリヤシの効能について見ていきます。

 

男性の複数の悩みに一気にアプローチ

ノコギリヤシに人気がある理由は男性特有の複数の悩みに対して一気にアプローチできるからです。

 

ハゲ薄毛

まず一つがハゲ薄毛に対してです。
男性の薄毛の原因のほとんどは体内の男性ホルモンが悪さをするものです。

 

近年の研究で薄毛になる過程が判明し、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが毛根のヘアサイクルを乱すことでいわゆる男性型脱毛症が起きることが分かっています。

 

DHTは悪さをしないテストステロンという男性ホルモンが酵素の一種である5αリダクターゼと結びついて生成されてしまいますが、ノコギリヤシは5αリダクターゼに作用してテストステロンがDHTに変換されてしまうことを抑制する効果があります。

 

病院などで処方されるフィナステリド製剤はこれと同じ作用があり、男性型脱毛症の治療薬剤として処方されます。

 

ノコギリヤシは日本では医薬品ではないので処方薬のような劇的な効果は期待できませんが、薄毛の予防や進行の抑制を期待できることから髪の毛の悩みを持つ男性に人気が出ているのです。


泌尿器系

ノコギリヤシのもう一つの効果は泌尿器系のトラブルに対する効果です。

 

中年以降の男性は前立腺という尿道周囲にある臓器が肥大することでオシッコ系のトラブルがよく起きます。
肥大した前立腺が尿道を圧迫することで尿キレが悪くなり、残尿感や排尿後に起きる尿漏れ、頻尿などのトラブルに見舞われる方が多いです。

 

前立腺が肥大する原因は今のところはっきりと解明されたわけではありませんが、加齢とともに発症頻度が上がることから、加齢に伴うホルモンバランスの変化が関係していることは確実とされています。

 

先ほどのDHTは頭髪だけでなく前立腺の肥大にも関与していることが濃厚であるので、その生成を阻害することで前立腺の肥大を解消あるいは抑制し、もってオシッコ関係のトラブルにも効果が期待できるのでノコギリヤシは中高年の男性に特に人気が出ているというわけです。


前立腺肥大症にノコギリヤシが良い理由

ノコギリヤシはドラッグストアなどで比較的低価格で購入できるので人気のサプリメントですね。

 

特に男性の複数の悩みにこれ一つでアプローチできるので非常に重宝されていますが、
オシッコ関係のトラブルや悩みを持つ方は継続して愛飲している方が多いです。
泌尿器関係のトラブルは男性特有の前立腺という臓器が関与しているのですが、年齢と共に前立腺が肥大してしまう人がいます。
ノコギリヤシがこれに良い効果があることが分かっているので、サプリメントとして手軽に購入できることもあり人気が出ています。

 

今回は前立腺肥大症に着目してノコギリヤシの効能について見ていきましょう。

 

前立腺が肥大する理由は?

前立腺は本来は肥大しないものですが、50歳以降の中年以降の年齢になるとなぜか肥大してしまう人がいます。
これは良性の腫瘍に分類されるもので、できれば肥大しない方が良いのですが、
加齢とともに発症率が高くなってしまいます。

 

 

悪性の前立腺がんと違って基本的に命には別状はありませんが、残尿や尿漏れ、頻尿など
泌尿器関係のトラブルの原因になるので生活の質が低下してしまいます。

 

前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは分かっていませんが、加齢と発症率が明らかに相関関係があるため
加齢に伴うホルモンバランスの変化が関与していることが強く疑われています。

 

男性の体内では無害なテストステロンという男性ホルモンが酵素の一種である5αリダクターゼの影響で
ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化してしまい、これが前立腺の肥大を助長していると考えられています。

 

肥大した前立腺は尿道を圧迫することで様々な泌尿器トラブルの原因となるので、予防と早期治療が望まれます。
ノコギリヤシはこのDHTの生成を阻害する効果があるので上記トラブルの予防効果、改善効果が期待されます。

 

ノコギリヤシの作用メカニズムは?

ノコギリヤシは先ほどの5αリダクターゼに作用してテストステロンがDHTに変換されてしまうのを抑制します。

 

DHTの影響が弱まれば前立腺の肥大も抑制できるというわけです。

 

ノコギリヤシは海外では医薬品として使用されることもありますが、現在のところ日本国内では医薬品としての扱いは無く、ドラッグストアなどで手軽に購入できるので人気が出ています。

 

ただし効果としては医師の処方で出される治療薬よりもずっと弱いので、症状が進んだ前立腺肥大症の治療までは期待できません。

 

予防、あるいは「ちょっとオシッコの切れが悪くなってきたかな?」という時に試してみて効果があれば継続する価値があります。

抜け毛予防、育毛・薄毛改善にもノコギリヤシ!

 

ノコギリヤシのサプリメントを利用している方は皆が同じ目的で使用しているとは限りません。

 

前立腺の肥大の為に起こる頻尿や尿漏れ、射精障害などの緩和の他にも、
メジャーな目的の一つに薄毛の予防や改善目的があります。

 

病院などで処方される治療薬と比べればどうしても治療効果は劣りますが、持病や体質などで治療薬が使用できない方や、
病院に通うほどではないけれど自己手当を試みたい、あるいは薄毛を予防したいという方は
抜け毛予防、育毛・薄毛改善を狙ってノコギリヤシを利用することができます。

 

今回は頭髪の悩みに着目してノコギリヤシの効果について見ていきましょう。

 

髪の毛の悩みになぜノコギリヤシが良いのか?

男性の中年以降はほとんどの方に薄毛症状が現れますが、これは男性型脱毛症といって体内のホルモンの影響によるものです。

 

他にもストレス性や皮脂の過剰分泌による脂漏性の脱毛症などもありますが、薄毛症状全体に占める割合は9割以上が男性型脱毛症です。

 

この症状は体内に元からあるテストステロンという男性ホルモンが加齢によって減少してくると、より強い作用を持つジヒドロテストステロン(DHT)に変化することから起きるものです。


ヒトの毛髪は毛根から生み出されますが、各毛根は独立したヘアサイクルに従って毛髪を製造しています。
ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3段階に分かれ、3年から6年ほどの成長期の間に
少しずつ強く健康な髪の毛を生み出していきます。

 

しかしDHTが生成されると毛根に対して脱毛シグナルと呼ばれる一種の信号を発し、
これがために毛根の成長期が短くなってしまいます。

 

太く強い髪の毛に育つ前に髪の毛は抜け落ち、
次回に生えてくる毛髪もやはりDHTの影響で健康に育つことができません。

 

治療をしなければDHTの影響は強くなるばかりなので
どんどん成長期は短くなり、薄毛が進んでいくことになります。

 

逆に言えばDHTの存在が無ければ脱毛シグナルの影響もなくなるので薄毛が起きないことになりますが、
DHTは5αリダクターゼという酵素の一種がテストステロンを変換して作り出します。

 

ノコギリヤシはこの5αリダクターゼに作用してDHTの生成を防ぐ作用があることから
抜け毛薄毛予防と育毛に効果があるのです。

 

病院等で処方されるフィナステリド製剤も同様のメカニズムで薄毛を改善しますが、
ノコギリヤシは効果の強さとしては処方薬には劣るものの、これと同じ作用で薄毛の予防に貢献してくれます。

女性にも効果のあるノコギリヤシ

男性の前立腺肥大や頻尿の改善サプリとして人気があるノコギリヤシ。
主に男性に有効なサプリとされていますが、最近では女性の間でも人気が高まっています。
このノコギリヤシの効果について主に女性に対するものについて見てみましょう。

 

古い歴史と科学的裏付けの安心サプリ

ノコギリヤシは北米南部原産の植物で、現地のインディアンの間では古くから男性の強壮に効果がある食べ物として知られていました。

 

1990年にフランスのシャンポール博士が前立腺の肥大症に効果があることを突き止めてから、特にヨーロッパでは泌尿器科の治療薬として高く評価されています。

 

元々植物由来であり、19世紀頃からヨーロッパでその実がハーブとして用いられてきたという歴史的な裏付けもあって、体に安全なサプリメントとして高く評価されています。


主な効能は、男性の前立腺肥大の予防と改善、それに伴う頻尿の抑制、頭髪の抜け毛予防などがあげられます。
これはノコギリヤシの成分が男性ホルモンの調整をする働きがあるから。
歳ととも過剰になっていく男性ホルモンを抑制し、ホルモンの乱れによっておこるさまざまな症状を緩和させることができるのです。

 

ノコギリヤシを女性が飲むとどうなるの?

 

このように、男性ホルモンのバランスをとるという話を聞くと、ならば女性には関係ないと思いがちですね。
確かに女性に前立腺はありませんし、それが原因の頻尿も縁のない話です。
よく女性も頻尿の対策としてノコギリヤシを、というのを聞きますが、
そもそも男性と女性では頻尿の原因もメカニズムもまったく違います。
女性が頻尿を治すという目的なら、もっと他に適したサプリや治療方法があります。

 

では、女性にとってはノコギリヤシはまったく縁がない存在なのでしょうか?
実は一概にそうとも言い切れないのです。

 

女性にも男性ホルモンがあります。
特に女性は、加齢とともに女性ホルモンが減り男性ホルモンが優位になるという大きな変化を経験します。
また、元々女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが悪く、男性特有の特徴が出やすい女性もいます。
ひげが濃くなったり、胸が小さくなったりという状態ですね。

 

このような男性ホルモンが多い状態の女性には、ノコギリヤシは非常に有用です。
男性ホルモンの働きを抑えてくれるので、女性らしい身体に変化するのです。
健康な女性でも、髪の毛が豊かになったり、バストやお尻が女性らしい丸みを帯びた体形になったりという効果を期待することができます。

 

女性がノコギリヤシを取ることにリスクはないの?

基本的にはありません。
植物のエキスですから、即座に健康を害するようなものではないのです。
ただし、性ホルモンに直接働きかける成分が含まれているため、女性が摂取する時にはいくつかの注意が必要です。

妊娠中・授乳中は摂ってはいけない。

胎児、特に男の子の場合はホルモンに悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

ホルモン治療中にとってはいけない。

生理不順や更年期など、女性にはホルモンバランスによる体調の変化があります。
こういった治療を受けている人は、ノコギリヤシを飲んではいけません。

過剰摂取に気を付ける。

普段から育毛サプリなどを飲んでいる人は、その中にノコギリヤシエキスが含まれていないか確認しましょう。
過剰摂取は吐き気・腹痛・便秘などの副作用を引き起こす可能性があります。

 

女性にも効果のあるノコギリヤシまとめ

最近女性にも人気が高まりつつあるノコギリヤシ。
女性ホルモンを優位にするため、女性らしい体形や美しい髪や肌を作るために飲む人が増えています。

 

ただ、安易にたくさん飲めばよいという物ではありません。
製品に書かれた摂取量を正しく守るように心がけてくださいね。

ノコギリヤシサプリの選び方

 

ノコギリヤシのサプリメントは男性に人気があるので複数の会社が製造販売しています。
ドラッグストアの棚には複数の商品が並んでいるのでどれを選べばよいか迷ってしまうかもしれませんね。

 

また最近はインターネットを使った通信販売も多用され、通販に力を入れる会社は
一般のドラッグストアに並んでいる製品よりも配合成分などにこだわった商品開発をしています。

 

まず、主成分であるノコギリヤシは海外の試験結果から一日量で320mgを摂取できる製品を選ぶと良いでしょう。

 

またノコギリヤシは薄毛、頻尿・残尿・尿漏れなどのオシッコ関係トラブル、滋養強壮など人によって異なる使用目的があります。
今回はノコギリヤシ以外にどんな成分が入ったものを選べばよいのか考えてみましょう。

 

配合成分から見た選び方

 

ノコギリヤシサプリメントには主成分であるノコギリヤシ以外にも色々な成分が配合されたものが少なくありません。
主目的となる悩みにより効果的にアプローチできるように配合されるものですが、どんなものがあるか見てみましょう。

亜鉛

ノコギリヤシと相性の良いのが亜鉛で、これ単体のサプリメントも人気があります。
亜鉛は薄毛の改善効果の他にも精力増強の効果もあります。

 

薄毛改善目的の場合は髪の毛の生成に関与して健康な毛髪を作る働きをし、
精力増強目的の場合は精子の生成に関与して豊富な精子量を維持することに貢献します。

 

クラチャイダム

クラチャイダムは精力増強の作用があるので、中高年以降の精力減退に効果が期待できます。

 

前立腺が肥大すると残尿などだけでなく、射精時のコントロールが上手くいかなくなるので、
ノコギリヤシでこれを改善し、加えてクラチャイダムで精力増強を狙います。

 

西洋かぼちゃ種子エキス

前立腺肥大症の予防や改善の為にノコギリヤシを検討する場合は
炎症を抑える効果のある西洋かぼちゃ種子エキスが配合されたものが改善効果を手助けしてくれます。

 

イソサミジン

頻尿の改善目的でノコギリヤシを検討する場合は
膀胱の過剰な収縮を抑制して頻尿を緩和するイソサミジンが役立ちます。

 

リコピン

健康増進、滋養強壮目的でノコギリヤシを検討する場合は
抗酸化作用のあるリコピンなどを含む製品が良いでしょう。

 

ヒトの体は日々の生活でどうしても体内に活性酸素を発生させてしまいます。
活性酸素は人の細胞を老化させるため老化を助長し、また細胞のガン化を助長します。
抗酸化作用のある成分は活性酸素を除去してくれるので老化を予防し、発がんリスクを低減します。


このページの先頭へ戻る